臨終

  • 遺体は仏壇の前、または脇に寝かせます。頭を北に向けるのを伝統としますが お仏壇の位置によっては必ずしもこだわる必要はありません。顔を覆う白布は必ずしも掛けなければならないものではありません。
  • 仏壇は扉を開け、内敷を(銀色又は白色を表にして)掛け、お仏飯、ローソク、花(派手な色花は避け本数は1本にとらわれません)焼香の用意をします。
  • 家の中は、物を逆さに置き変えたり、白紙を貼ったりしません。
  • 葬儀の日取りで、「友引」を避ける必要はありません。

通夜

  • 近親者や友人など生前に深い縁のあった方々が仏前に集まり、故人を偲んで、諸行無常のことわりを受け止める場です。ですから通夜勤行は、遺族、弔問客ともどもに一緒に勤めます。勤行中に焼香がある場合は、その間はお互いの挨拶は控えて、勤行後にそれぞれ挨拶をしていただきたいものです。また、悲しみの中にあって仏法を聴聞することも、通夜の大切な意義です。

葬儀

  • 葬儀は葬場において行う勤行で、浄土真宗では告別式とはいいません。その意義は遺族、知友が相集まって故人を偲び、人生無常のことわり、生老病死や愛別離苦の教えを聞法するとこにあります。そしてそれが単なる死ではなく、阿弥陀如来の本願によって、いまは浄土に往生して仏とならせていただいたことを喜び、ともにお念仏を申して仏様のご恩に感謝する儀式なのです。

葬儀の心得

  • 葬儀のお荘厳は、ご本尊を中心に作ります。ご本尊が隠れたり、故人の遺影が大きすぎたりしないように注意します。
  • 一人一人が必ずお念珠を用意してください。念珠は左手に持ちます。
  • 合掌、礼拝はご本尊に向かっていたします。合掌は、念珠を両手にかけて胸の前で手を合わせ、ご本尊を仰ぎ見てお念仏を称えます。礼拝は、体からゆっくり頭を下げます。
  • 焼香は、香を額にいただかずに一回だけ焚き、合掌、念仏、礼拝します。焼香を三回したり、お香を三回に分けたりしません。
  • 焼香は読経中に行われますが、名前の読み上げは行わずに順番にします。お互いの一礼や挨拶はせず、焼香後は自席に戻ります。式中の私語などは慎み、式が終了するまで着席しておきます。
  • 喪主や遺族の、読経中の挨拶(答礼)は、必要ありません。読経終了後の、遺族親族挨拶の時に丁寧にいたしましょう。
  • 日の吉凶(六曜=友引や仏滅等のこと)を心配する必要はありません。
  • 弔電は遺族に宛てられたものですから、式中に代読・披露するものではありません。やむを得ず代読する場合は、式前又は式後に数通程度にとどめます。
  • ご法事のお斎は、精進料理です。「精進落とし」と称して、葬儀終了後に魚肉を食することは言語道断です。また俗に言う「霊供膳」も必要ありません。
  • お礼参り(お寺のご本尊へ葬儀終了のお礼の挨拶)をする場合は日時を相談し、お布施、院号懇志、お車料など内容に適するように表書きをして持参します。お布施等は、お経の代金でも又僧侶への報酬でもありません。如来様へのご報謝の行としてするものです。
もしものときに・・・いつでもご相談ください。